日本の未来を担う製造業の求人

先日、日本初のジェット機がテスト飛行に成功しました。

このニュースに万感胸に迫る思いをした人は多くいました。

戦後、航空機の製造を禁止されてしまった日本、自国の技術で航空機を製造することは悲願になりました。

その処分が解け、第一号の自前の飛行機ができた時は喜びに沸いたのです。

ところが、この飛行機はハードの部門は誇りうる出来栄えだったのですが、売るためのテクニックやメンテナンスといったソフトの部分で少し未熟でした。

生産してわずか数年で業界から撤退ということになってしまったのです。

このことは製品がどんなに良くても売り込むことを考えなくてはいけないのだということを、改めて知ることになりました。日本の製造業の技術は信頼をもって世界に迎えられています。

でも一時期、町の製造業の求人は窮地に陥りました。

世界経済の方向が日本の若者の求職傾向を戸惑わせ、その求人に若者たちがあまり応じなかったことも事実でした。

その中で、あえて自分の未来を製造業に求めた人たちがいたのです。



誠実に求人活動をする企業、その姿勢に呼応したモノづくりに未来をみる若者たち。


たとえば、航空機は圧倒的な数の部品を必要としています。

同様に、これから伸びるであろう人工知能、バイオテクノロジーの分野も実は幾多の専門性を持った製造業に支えられています。

この専門性を持った企業の一つ一つが技術を磨き、夢を体現することができたら《製造会社日本》は世界の中枢で輝き続けることでしょう。

エキサイトニュース情報について考えます。

地下資源に乏しいといわれる日本で、製造業の発展こそが未来を切り開いてゆく道だといえるのです。

安心できる製造業の求人が広く知れ渡ってきました。

自分の生涯の誇りと云える仕事を見つけるため、求人情報は多角的に見つめたいものです。