工場勤務の求人で有利な資格とは?

工場勤務の求人を探している時に、持っていると就職に有利になる資格について紹介します。

まずは電気工事士です。これを持っているとラインに立っての作業ではなく、機械や設備のメンテナンス部門に配属されることが多く、重い物を持ったり、ラインに立ちっぱなしではない、比較的軽作業が中心となってきます。

利便性を重視した2ちゃんねるに関する情報収集をサポートします。

また、点検時や非常時いがいにはあまり仕事がないので、エンジニアルームでゆっくりすることも出来ます。

次に危険物取扱者の資格です。
工場によっては薬品や、可燃性の液体、高圧ガスなどを取り扱っているところも多く、必ず現場の責任者を選任しなければなりません。

その際に危険物の資格が生きてきます。

仕事自体は簡単なメンテナンスや、プレートに名前を書くためだけの肩書で、それに資格手当がつくとなったらこんなに美味しい話はないのではないでしょうか。

現場では原材料や出来上がった製品をパレットやコンテナに乗せて移動させる、フォークリフトが必需品です。



フォークリフトの運転資格は容易にとることが出来るので、仕事量の軽減と資格手当がつけば最高ですね。
最後に意外と需要が高いのはボイラーマンの資格です。

工場だけに関わらず、大規模な建物には空調やボイラーは必須の設備なので、それを管理する人が必要になってきます。

求人数はそんなに多くはない仕事ですが、一度職に就けば、長く勤められる可能性が非常に高いです。

様々な分野の工場の求人情報が揃っています。

以上のような資格を持っている人は、ぜひ求人票をチェックして、検討してみて下さい。